無人島に生きる十六人を読んだ感想

無人島に生きる十六人を読みました。

あまり期待しないで読んだのですが、とてもおもしろかったです。

16人の明治時代の日本人が海で漂流し、無人島にたどり着き、そこで繰り広げられる物語です。

本当にあった話を元に書いてあるようです。

16人の日本人のたくましさ、船長の頼もしさ、無人島に流れついても希望を失わず、規律ある生活をし、そこに楽しみを見出して生きる。

自分がそこにいたらこんな風に強く生きられるだろうか?と思わずにはいられません。

個人的には亀の牧場が衝撃的でした。それからアザラシとの友情にジーンときましたね。

時代は進化しているけれど、果たして人間は進化しているのだろうか。

明治のたくましい日本人たちの生き様が立派で凄い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください