マンションの部屋を閉め切っているのにタバコの臭いがする原因とは?

時々、窓を完全に閉め切ったマンションの部屋からタバコの臭いが発生する。

当方はもちろんタバコを吸っていない。

マンションの住人がベランダでタバコを吸っていて、それが外から通気口を通して入り込んできているのか?

と思い、通気口に鼻を近づけて匂いを嗅ぐもタバコの臭いはしない。

ベランダに出て確めてみてもタバコの臭いはしない。

「おかしいな~気のせいなのか?」と腑に落ちないままその日は寝る。

しかし、それから頻繁にそれが起こるようになった。

「これ絶対タバコの臭いだよな…。」

でも匂いがどこから入り込んできているのかわからない。

そこで友人に相談してみたところ。

「どこかの部屋で換気扇を回しながらタバコを吸っている人がいて、その換気扇のダクトが繋がっていて、そこからタバコの臭いが部屋に入ってきてるんじゃないか?」

との事。

まさか、換気扇から?タバコの煙が逆流して入り込んできてる?そんな事あるんかいな。

と半信半疑だったのですが、ある時、またタバコの臭いが発生しているので換気扇のところへ行くと、確かに臭い!

換気扇のある台所から匂いが充満してきているではないですか!

ちくしょー!とばかりに急いで換気扇を回してみると、匂いがだんだんと減っていって、タバコ臭がしなくなる。

原因はどうやら、換気扇からタバコの煙が入り込んでいたようです。

ベランダでタバコを吸われるのは迷惑だなーと思っていたのですが、部屋の中で吸われても迷惑だと思うようになるとは。

しかしタバコを吸っていないのに、他人のタバコの煙が自分の部屋の中に入り込んで充満するのは…キツイものがありますな。

タバコを吸っているほうもマナーを守っているとは思うのですが。

とりあえず今のところの対策としては、タバコの臭いがしたら換気扇を回す!しかないかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください